スポンサーリンク

《シーシュポスthe:Myth》達成出来ないプロセスこそが人生~アルベールカミュの言葉

Netflix シーシュポス スピリチュアル 世界の真実 意志 海外ドラマ

アルベールカミュ、男前ですね(下に写真)✨これはまたまたシーシュポスの神話になぞらえた絵?を探して見ました~🤗《photo・Pinterest》

不条理な世界

本当にまんま今ですよね~🙄ありもしないウイルスに、メディアテロ‼️

しかも、世界規模です❗

スポンサーリンク

アルベール・カミュ

カミュは不条理に対する人々のさまざまな反応を例示し、いかに世界が不条理に満ちているかを表した

アルベールカミュ~🤗

人生の目的は絶対に達成出来ない❗しかし、達成出来ないプロセスの中を生きることこそが人生だとしている。人生の本質とは徒労であり無駄で意味はない❗その意味のない人生を生きることが人生だとしている哲学のようです⁉️

YouTubeより

以前、YouTubeで、アルベールカミュのペスト解説してるのを見たことがありました~🙄

人は、困難の中でどうするのか?助け合い、そして裏切り、はたまたそんな中でも儲けようとする輩も❗町を封鎖するにも、困難な状況

しかし、居場所を見付ける者、逃げるもの、逃げたい者、助け合っていく事の素晴らしさを表していたような⁉️

ペストはなくなったのか?なくならないのか?という問いで終わったかなぁ🎵

スポンサーリンク

シーシュポスの神話

シーシュポスの神話は、アルベールカミュによるエッセイで、彼の本官的な考えを示したもののようです⁉️奥が深いです~🙄

シーシュポスの神話

アルベールカミュの随筆

神を欺いたことで、永久に巨石を山頂に運ぶ罰を受けたシーシュポス。人はいずれは死んで全ては水泡に帰す事を承知しているのにも拘わらず、それでも生き続ける人間の姿を描いた

YouTubeより

詳しくはこちらで❗10分程ですし興味深いですよ~🤗

【演劇】10分で分かるカミュ「シーシュポスの神話」作品解説

シーシュポスは二度も神様を欺くそうです⁉️罪深いです・・・

シーシュポスthe:Myth~韓国ドラマ

以前のブログ・一部広告含む

シーシュポスまだまだ途中なのですが、韓国ドラマは大体20話くらいを基本にしてますので、見ごたえがあるのかもしれません❗

日本はワンクール❗なので、10話くらいですし昔は12話だったとおもうんですが~🙄不調なのか?10話したらいい方で、9話だと人気なかったのか~🙄と思ってしまいます❗

シーシュポスthe:Mythの中でも、繰り返し時間は流れていくなかで、未来は予定されているようなんですが、少しずつ違う未来になっていくんです⁉️

そしてテスルが、ある時、柱に今現在日にちと時間そして🆘と記入するんですが~🙄そこにバッチリ❗

以前には助けが来なかったところに、かつての部下が助けに来るのです❗

少しずつ坑がうことで、変わっていく未来~🤗

そして、核戦争は本当に起こるのか?✴️

楽しみです~🤗

カミュの名言

気に入ったものを、最後に紹介したいと思います

涙が出そうになるくらい生きろ
Live to the point of tears

最後の審判を待っていてはいけない。それは毎日くだされている
Do not wait for the last judgment. It comes every day

自由とは、より良くなるためのチャンス以外のなにものでもない
Freedom is nothing but a chance to be better

ウロボロスを思い出したのは私だけでしょうか?

今日見られるウロボロスの起源となる、みずからの尾をくわえたヘビ(または竜)の図の原形は、紀元前1600年頃の古代エジプト文明にまでさかのぼる。エジプト神話で、太陽神ラー(レー)の夜の航海を守護する神、メヘンがこれに当たり、ラーの航海を妨害するアペプからラーを守るため、ウロボロスの様にラーを取り囲んでいる。これがフェニキアを経て古代ギリシアに伝わり、哲学者らによって「ウロボロス」の名を与えられた。

ではこの辺で~🤗

読んでいただきありがとうございます

コメント

タイトルとURLをコピーしました