スポンサーリンク

《テセウスの船》偶然?和歌山カレー事件~もしかして冤罪?

アニメ・漫画事件日本の真実本の紹介

またまた今回も、陰謀論❗かなぁ~🙄テセウスの船【ドラマ】と和歌山カレー事件について❗

あなたは和歌山カレー事件を知ってますか?

1995年には、阪神・淡路大地震~&オウムサリン事件があり、その三年後です

和歌山が知れ渡った出来事でした

和歌山毒物カレー事件(わかやまどくぶつカレーじけん)とは、1998年平成10年)7月25日夕方に和歌山県和歌山市園部で発生した毒物混入・大量殺傷事件である。またこの事件は冤罪の可能性も指摘されている。冤罪の可能性については後述を参照。

Wikipediaより

東経135℃での出来事❗今にして思えば、何かの意図があったのかと思ってしまいます❗

地区で行われた夏祭り[注 1]において提供されたカレーライス毒物が混入され、カレーを食べた67人が急性ヒ素中毒になり、うち4人が死亡した[11]和歌山カレー事件とも呼ばれる[12]。後に混入された毒物は亜ヒ酸[3]と判明し、被疑者として逮捕被告人として起訴され、殺人・殺人未遂・詐欺の罪に問われた[4]主婦の林 眞須美(はやし ますみ)は無罪を訴えたが、第一審で死刑判決を受け、控訴上告も棄却されたため、2009年最高裁判所で死刑が確定した

Wikipediaより

未だ、死刑執行はされてない様子です

そして、ここに来て冤罪の可能性も‼️

スポンサーリンク

テセウスの船

去年?ドラマでやってましたが~🙄

まんま、和歌山カレー事件のないようだった

事にとても驚いて観てました❗

平成元年(1989年6月)お楽しみ会?で青酸カリ入りの食べ物を食べて、子供達が亡くなるという事件が起きます

冤罪で、父親が捕まり、後はお決まりの転落人生になっていくのですが、そんな彼にも彼女がいまして~🙄

彼女の亡くなる間際に、お父さんは冤罪なのかもと言って亡くなるのです❗

その彼女はジャーナリスト❗

調べていたのです❗

そして彼も調べ始めるのです

「モーニング」(講談社)連載の同名コミックを原作にドラマ化。竹内さんが生まれる前に父・文吾が大量殺人犯として逮捕され、加害者家族として生きていた田村心を演じ、父の事件と向き合う決意をした心が平成元年にタイムトラベル。過去の文吾と出会い無実を信じた心が、事件を防ぎために奮闘するも、それによって歴史がより悲惨なものに変わり、再び過去に戻って…というストーリーが繰り広げられてきた。

テセウスの船(テセウスのふね、: Ship of Theseus)はパラドックスの一つであり、テセウスのパ ラドックスとも呼ばれる。ある物体において、それを構成するパーツが全て置き換えられたとき、過去のそれと現在のそれは「同じそれ」だと言えるのか否か、という問題同一性の問題)をさす。

パラドックスとは~日本語では逆説、逆理、背理と訳される。

ひろゆきさんのYouTube

最近❗ひろゆきさんのYouTube、短くて簡潔な動画を上げておられます

前にオリンピックは何故中止にしないか?とかもあり、見ていたのですが・・・

和歌山ヒ素入りカレー事件

冤罪?真犯人は○○○?林真須美・和歌山毒物混入カレー事件の真相をひろゆきが考察する【ひろゆき 切り抜き】

見てもらえればわかりますし、短いので~🙄

是非❗見てほしい~😮

冤罪の可能性と、真犯人は子供なのではと・・・

そうなんです❗

テセウスの船のような事を現実としていっていたのです❗

子供とは得てして残酷なときもあり、あとの事を考えていない、今の憎しみで行動を起こしてしまうものなのではないでしょうか?

実際のところはわかりませんが、当時は自分の子供もいるのに何故?と思ったものです

このドラマだけではなく、最近のドラマの現実に起きている実際の事件の題材率に驚くばかりです~😎

ではこの辺で~👊😆🎵

読んでいただきありがとうございます

コメント

タイトルとURLをコピーしました