スポンサーリンク

マスクは本当に必要ない!~アメリカの異変~テキサス州

世界のニュース世界の真実人工台風人工地震日本の真実

アメリカ・テキサス州の風力発電です~🤗日本にも青森にあるとか~🙄しかし、日本は風が適度に吹かないし、山などが多いので向かないのだとか~🙄《photo・pixabay》

まあ、細かい事情はわかりませんが、日本は原子力発電所で電気つくるんだよ~🤗

福島の原子力は今は穴が空いてるけどね⁉️(政府は直す気あるんでしょうか?)

お気楽に、道路開通しました~🤗と、ニュースがありましたね~🙄

アメリカでは‼️

もう、17の州が、マスクをしないようになってるとか~🤗

ひとつ👁️協会のBBCが、こんなニュースを報じました❗

米テキサス州のグレッグ・アボット知事(共和党)は2日、州内の新型コロナウイルス対策について、10日にもマスク着用義務を解除し、商業活動を全面的に再開すると発表した。「今こそテキサス州を100%開く時だ」としている。

米テキサス州、マスク着用義務を解除へ 10日に商業活動も全面再開 - BBCニュース
米テキサス州のアボット知事(共和党)は2日、州内の新型ウイルス対策について、10日にもマスク着用義務を解除し、商業活動を全面再開すると発表した。「今こそテキサス州を100%開く時だ」としている。

一部引用

アボット州知事はこの日、同州ラボックの商工会議所での演説で、新型ウイルス対策の制限措置を解除すると明らかにした。

「あまりに多くのテキサス州民が雇用の機会を奪われている」とアボット氏は述べた。「あまりに多くの小規模事業者が経費の支払いに苦労している。こんなことは終わらせなければならない」。

そして、予防接種の実施件数が増加し、新型ウイルス感染症COVID-19の治療法が改善されていることから、同州は「今、はるかに良い状態にある」とした。

アボット氏は「新型ウイルスは突然消えるわけではない」としつつ、「州政府の命令はもはや必要ではない」と述べた。

これは、私の解釈なのですが~🙄

テキサス州は、売電氏が、風力発電を推し進めていたところなのです✨

二酸化炭素~つまり温暖化対策としての一貫です❗

しかし、先月の大寒波で、電力が足りなくなり、ほとんどの地域が停電に‼️

政策が裏目に出たのですね~😎

これに、しびれを切らして、売電氏に従っていたら、ろくなことにならないと~🤗

反旗を翻したと言うところでしょうか?

違うとしても、たかが知事❗されど知事です❗

国民を守るため、ひいては経済も活動出来るとあれば、国民はお喜びでしょうね✨

本当にマスクは要らないのですから❗

スポンサーリンク

大寒波のニュース

大寒波の発生は「気候変動」が背景にあると指摘する専門家は多い

米テキサス州の大停電で風力発電がやり玉にあがる「矛盾」 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン
米国南部を中心とした記録的な大寒波によって、テキサス州では2月15日未明から大規模な停電が発生した。影響は広範にわたっており、自動車や半導体、原油など相次いで生産休止に追い込まれた。停電は氷点下での稼動を想定していなかった発電設備の稼動停止が背景にあったわけだが、テキサス州知事は風力発電が停電の原因だと非難した。※投資...

一部引用

米国南部を襲った今回の記録的な大寒波は、北極にある極渦(北極を覆う冷気)がジェット気流の乱れによって、テキサス州まで蛇行したことによって発生したと報道されている。このジェット気流の乱れをもたらした要因が、温暖化だと指摘する専門家は多い。

つまり、仮に今回の大寒波の原因が気候変動にあるとするならば、化石燃料による発電から風力発電や太陽光発電といったクリーン・エネルギーへ転換させ、温暖化の要因である二酸化炭素の排出量を抑える必要があるわけだが、共和党所属のテキサス州知事は氷点下で稼動停止した風力発電を導入したことが停電につながったと非難した。ここに根本的な矛盾がある。

大寒波が、気候変動だろうと、異常気象だろうと、そういうときに、機能しない、風力発電はいかがなものですか?ということです❗

天然ガスが原因だとされてますが、もう良いんですよ~🤗

誰が、考えても解るようなプロパガンダなニュース❗

アメリカ国民、ならびに世界はとっくにわかってるのですから~🤗

スポンサーリンク

日本にも‼️

アメリカの事を言ってる場合ではないですね✨

日本も先月の、東日本地震では、東京近辺のみならず、静岡まで停電になってますので~😎

まだまだ寒い3月です❗

家族が寒さをしのげるくらいにはしておきたいものです❗

ではこの辺で~👊😆🎵

読んでいただきありがとうございます

コメント

タイトルとURLをコピーしました