スポンサーリンク

三浦春馬君に導かれて~《天外者》観てきました

イルミナティ ディープステート 三浦春馬君 世界の真実 五代友厚 天外者 日本の真実 映画

ネタバレ注意です‼️そして、三浦春馬君ありがとう~🤗素晴らしい映画でした《photo・printreste》

この国で、一番嫌われてる奴が、一番この国を守っている✨

この言葉がとても印象的でした

そして、今もなお、三浦春馬君に助けられているのではと思ってしまう❗

スポンサーリンク

《天外者》今のコロナ劇場の真っ只中で、もう映画観に行くなんて思ってもみなかったです(まあ、コロナ劇場ただの風邪ですけどね)

先日、三浦春馬君がやっていたCMが、三浦翔平君に代わってるのをみて❗

慌てて、blogに書いたんですが~🙄

関連リンク・一部広告含む

三浦繋がりで調べていると、天外者が出てきたのです‼️

スポンサーリンク

《おカネの切れ目が恋の始まり》はあまりググっても出てきませんね~🙄

まあ、とりあえず何を思ったのか?次の土曜日が、娘も休みだったので、観に行くことにしたのですよ✨

昨日1月9日(土)に観たのでした~🤗

こういうのは、タイミングなので、何かに導かれているようでした~🤗

今でも不思議な感じがします✨

ネタバレ注意です

他にネタバレ・考察等のblogありますが・・・

私の独特な視点なので、驚くところもあるかと思いますが~🙄

三浦春馬君のファンの方々は、世の中の裏の出来事に気付いてると信じて❗書いていきたいと思います🎵

スポンサーリンク

まずは、五代友厚氏、調べましたが~🙄

学校で習ってもよさそうな人ですが~

こんなに大阪に力を注いでいるにも関わらずことごとく、こと大阪に関しては五代さんが思っているほど発展しきれてないですね⁉️

現在なんて、大阪の基幹産業はないも等しいほどに

東大阪の産業くらいです‼️

何かの圧力があるのかと思うくらいに⁉️

そして、これだけの功労者なのに、あまりにも歴史上の名前には上がらない❗

聖徳太子のように・・・

史実から消されているかのようです~🙄

今年は2021年→足すと2+2+1=5

豊子~14(とよ)5(こ)555

5はキーワードです~🤗

豊も歴史~古事記・日本書紀ではキーワードの一つ

《はる》に簪(かんざし)もポイントだなぁと思って観てました~🤗

スポンサーリンク

満月も~二回ほど、しかも、でかでかと出てました

世界は、月派と、太陽派に分かれているような所もあります🎵

月派~ローマ法王・ロックフェラー・アメリカの意識

太陽派~天皇・ロスチャイルド・日本の意識

感想

始まりは追いかけられているところから~🤗

三浦春馬君はわかりましたが、三浦翔平君?少しぽっちゃりさせていたのか?わからなかったです~🙄

同時に五代さんの歴史も調べたので、リンク張りますね🎵

関連リンク・一部広告含む

三浦春馬さんの遺作《天外者》~五代友厚・歴史編
大阪取引所(北浜1丁目8)にあります、五代友厚氏の銅像です‼️マーキング18です~&#x1...

帰ってきてから、慌てて歴史を調べたので、何も分からずまっさらで映画を観ました‼️

自分の頭で歴史を組み立てながら・・・

銀魂を参考にしましたが~😎

そしたら、なんと❗

明治の終わりの幕末ではないですか~🤗

今の時代にリンクしてますね🎵

今は歴史の変換の時❗

以前のblogにも載せてますが、今は明治維新か、はたまたフランス革命のような激動の時代です✨

明治5年頃の日本人男性の髪型は、ザンギリ頭とちょん髷(まげ)のどちらが多かったか。 明治4年(1871)8月、政府は「散髪脱刀令」を布告し断髪を許し、これを奨励しました。 有名な「ザンギリ頭をたたいてみれば文明開化の音がする」という詞は、同年5月『新聞雑誌』第2号に掲載され流行したものです。

スポンサーリンク

子供時代のエピソードもそのままに、紙の地図を、地球儀にしてしまうほどの、天才ぶり❗まさに天外者《てんがらもん》です(鹿児島の方言で、すごい才能の持ち主という意味❗)

スポンサーリンク

数々の名言

100年先を見通している!

「誰でも夢見ることが出来る国を俺が作る」

大阪商法会議所で「地位か名誉か金か、いや大切なのは目的だ」と論じました。

そういえば、豊子さんの横に馬面のような、吉村知事がいました‼️

三浦春馬主演 映画『天外者』【約束編】15秒スポット

50年間の生涯を、一本の映画だけでは語り尽くせないですね

でも、心根のすごく強い想いを持っておられる方だというのは凄く伝わりました‼️

これは、三浦春馬君の演技によるところは大きいでしょうね🎵

《君に届け》の時にも思ったなぁ~🤗

スポンサーリンク

また、三浦春馬君が亡くなったこと・裏の出来事を告発しようとしていたから、亡くなったかと思うと~さらに泣けてきました((T_T))

まっすぐで、外国からの介入も許さず、意見も云える✨何より、先を見通せている✨

完璧です

ちょっと、暗殺を疑いました‼️

坂本龍馬は暗殺ですがね⁉️

しかし、三浦春馬君がこの映画のオファーを受けて❗三年前から勉強したそうですが~🤗

言葉にも、気持ちがとてものっていたように思います🎵

三浦春馬君に重なって、顎に掛けていたマスクがめちゃめちゃ濡れてしまいましたからね✨

剣さばきも素晴らしく、勿論英語も❗

スポンサーリンク

語りはトーマス・グラバーでしたね✨

トーマス・グラバーはロスチャイルドです~🤗日本を裏から支配しようと画策していた一人でもありますが・・・

五代友厚を気に入っていたのですかね~🤗そりゃ、今回の語り部にもなってるくらいなので、人として、付き合っていたのかと思います✨

助けてあげてましたね~🤗お金も援助したりしているようでした❗

スポンサーリンク

自分の事よりも

自分の家を抵当に入れてでも、おカネの工面をしていたり❗

皆が働ける世の中に‼️

外国からの圧力をはねのける❗鉄道事業にも、イギリスとの契約にノーと言いますね✨

日本国内では嫌われていても、日本を一番、守っている✨

また涙が出そうです✨

そして、一人では出来ない❗と言っていましたね~((T_T))

関係無いのですが~

最近、流行ってます呪術廻戦なんですが~主人公めちゃめちゃポテンシャルが高い❗なので、死に際の祖父に「助けられるだけ人を助けろ🎵そして、死んだとき人に囲まれる人になれ」とね

五代友厚氏もポテンシャルが高い人・・・

スポンサーリンク

そして、お通夜に誰も来ない❗

しかし~一人、その当時の初代総理大臣が来るのです✨伊藤博文

え(○_○)!!

利助✨

伊藤博文だったのね~🤗

この伊藤博文役の男の子❗

今際のアリスにも出ている❗

味のある役者さんです

そして、実は❗

めちゃめちゃ人が来ていたのです✨

最後、号泣😭😭😭💦

エンドロールも終わり❗

メイキング~🤗

どこまで泣かすんだ~🤗

スポンサーリンク


三浦春馬君のファンにはたまらない映画でしたね✨

帰りにパンフレット買おうと思ったら、売り切れ❗

開演の次の日には売り切れてたようですね⁉️

困った困った‼️

当時の三浦春馬君

「みんなの後光が映像を美しくしている」映画『天外者』森川葵×田中光敏監督インタビュー あり得ない“三浦春馬の泣きの演技”驚嘆エピソードも | ガジェット通信 GetNews
「みんなの後光が映像を美しくしている」映画『天外者』森川葵×田中光敏監督インタビュー あり得ない“三浦春馬の泣きの演技”驚嘆エピソードも

「春馬くんは終わると必ず『監督、イイ感じだったでしょ?』と言ってきて(笑)」

――2013年から今回の映画化プロジェクトが動き出したそうですが、田中監督が参加された経緯を教えてください。

田中:僕はこの映画を撮る2年半くらい前に声をかけていただいて、監督の話を受けるか、6か月悩みました。

森川:ええ!そうなんですか!?

田中:色々な本を読んだり、五代友厚という人物を勉強させてもらって、オリジナルの物語を起こさなければいけないということを考えたときに、上手くエンターテイメントの映画として成立させるという部分で、ずっと悩んでいたんです。

――参加を決断した決め手はなんだったのですか?

田中:五代友厚という人は、まだまだ時代の中の表舞台には立っていない。五代友厚という人は、100年先を見据えて歴史を大きく動かした1人じゃないかなと思います。もちろん西郷隆盛や今作にも登場する坂本龍馬など、たくさん有名な人たちはいるけれども、いろいろ勉強しているうちに、五代友厚をもっと表舞台に、そして映画のエンターテイメントとして出すことをやってみたくなりました。そこで、僕といつも一緒に組んでやっていただいている脚本の小松江里子さんにも声をかけて、「なんとか出来ないか」とお願いしました。

参考にしたblog

【映画】『天外者』三浦春馬は素晴らしい・内容は?【ネタバレ・感想】 - キレイなトイレ調査研究所
映画『天外者』。1836年に薩摩で生まれ、激動の幕末を生き、1885年にた五代友厚という男の半生が描かれる。三浦春馬、最後の主演作品です。映画について感じたことを、かなり本音で書いてゆきます。 天外者 作品情報 公式 予告 物語は出島から始まる 感じたこと・ネタバレ 製作を見ると 三浦春馬の演技やいろいろ 天外者 作品...

最後に

三浦春馬君のおかげで、かなりの人が、CIAはたまた~ディープステート支配が表に出てました❗

映像が動いてるので、亡くなったのが嘘のようです⁉️

駆け足で、最後は映画にぶっ混んでいたように思いますが、五代友厚氏に興味は凄くわきました❗

私は、大阪在住ですので~🤗

なので、こんなにも名前を聞かなかったことに、逆に怪しく思う❗

坂本龍馬との、接点にも興味はあります🎵

坂本龍馬は、イギリスよりのロスチャイルド❗

今の、アメリカ大統領選挙にも通じる✨

長州に銃を売り、薩摩には米を売る❗

裏では画策していたようです⁉️おカネの出所は、トーマス・グラバーです~🤗マセソン商社が繋がりか?

映画の途中で利助(後の伊藤博文)が、イギリスに留学にいきますね🎵長州5です

ここにも5

伊藤博文(総理)・井上馨(外交)・山尾庸三(工学)・遠藤謹助(造幣)・井上勝(鉄道)

中央銀行を作るために、イギリスに裏から支配されている✨

それを、五代友厚氏はどう見ていたのか?

49歳(1885年)に亡くなったのも偶然ではないように思うのは私だけでしょうか?

せっかく三浦春馬君が、やり遂げた映画なので、ちょっと攻めてみました❗

ご冥福お祈り致します

読んでいただきありがとうございます

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました