北海道の次に、大阪が異国の地になるのでは?

#日記

北海道の五稜郭タワーから撮られたものです~🤣🤣Googleで調べたら、黒船ペリーが出てきましたよ~🤗今の日本も、似たようなもんかも~🤣🤣

五稜郭は,函館山から約6km離れた函館市のほぼ中央となる場所にあります。この場所は,ちょうど浅いすり鉢の底のように低くなっている所です。この五稜郭のある周辺は,今から約150年前の江戸時代終わり頃,箱館が開港された時は,たくさんの「ネコヤナギ」が生えていたようです。このため,別名「柳野(やなぎの)」と呼ばれていたように,当時は至る所が水はけの悪い湿地だったようです。
 五稜郭は,函館市五稜郭町と本通1丁目にあります。また,地図上の場所では,北緯41度47分49秒,東経140度45分24秒にあたります。

もうすでに、静岡県くらいの面積分は買われてるのに、更に、人間まで~🤔最近は、盗難やらが多いらしいです❗
今日ですね~🤗エールを送ります~😇

世界では、各国立ち上がってます

心穏やかに~🤗なんですが~🤣🤣練り歩くだけなら参加したいです
北海道は既に、最終段階~😵

そして、我が町大阪はというと・・

先日のロゴもさることながら・・

イソジンからの、中国の臓器移植問題

とうとう、大阪にもチャイナタウンが出来てしまう😅

それでなくても、在日韓国人、海外留学生、中国人が多い今日この頃✨

またまた、そんな中で

自民が、反対してるとか~🤣🤣
スポンサーリンク

都構想~🤔

私的には、堺市だけに特権って?と思ってたので、もう一緒にしたらいいやん~😵的な、何もわかっていない人の典型的な考え方でした😅

下にもあるように、大阪万博のロゴもいまや、面白がってますね😅

大阪は「おもろい事」を大切にする街だ。それは極めて味わい深い深遠なる文化だ。どんなつらいことがあっても、悪い奴がいても、そこに笑いがあれば「救い」がある。未来への希望が開ける。だから大阪の笑いの文化は、だれにもまねのできない誇り高き貴重な日本の資産だ。

だからあらゆる所で「おもろい事」が重視されてきた。東京もんからは「お笑い百万票」などと揶揄されても、知事や市長も「おもろさ」を重視しながら選んできた。ノック知事にはじまり橋下市長に至る系譜は、まさにその流れだ。そして今回の「大阪都構想」もまた確実にその流れをくむものだ。「都構想、なんや分からんけど、おもろいやんけ」という次第だ。

しかし今回ばかりは「おもろいやんけ」では済まされない。なぜなら、都構想が実現すれば大阪の疲弊は決定的になり、「とどめ」が刺されてしまうからだ。

文/京都大学大学院教授 藤井聡

昨今の、維新の会ときたら、

やりたい放題なのが目に見えてきましたよ~((( ;゚Д゚)))

詳しくは下の方で調べてみてください❗

http://satoshi-fujii.com/scholarviews/

本稿ではその理由を改めて行政学、財政学、政治学、経済学、社会学、都市計画、防災学といった実に様々な分野の106名の学者の言説

106名も反対してる😅というか~🤔賛成する人の気が知れないとまで言っている❗

そもそも、「都構想」で実現する「特別区」なるものは、「縮小された権限と財源の下で、特別区は団体自治も住民自治も発揮することができず、特別区間での財政調整をめぐる争いと、住民間での負担増または歳出減の押し付け合いに終始する」存在だ(梅原英治・大阪経済大学教授・財政学)。

橋下維新は特別区は「中核市並み」の自治体だと説明しているが、そんなのは言語道断な単なるデマだ。おおよそまちづくりの権限も財源もない中核市が一体どこにあると言うのか。

例えば憲法学者の今井良幸氏(中京大学・准教授)によれば、特別区なるものは「憲法上の地方公共団体とは解されて」いないのであり、地方自治論の池上洋通氏(千葉大学・元非常勤講師)によれば、その存在は「憲法の『法の下の平等』原則に反する疑い」があるとすら指摘されており、「なぜ『都』になりたいのか、全く理解できない」とまで言われている。

貧弱な自治体、それが「特別区」というものなのだから、その中で暮らす人々の生活水準もまたあらゆる側面で劣化していくことは必定だ。つまり都構想は「市民の暮らしを損なう」(早川和男・神戸大学名誉教授・環境都市計画)ものなのである。

例えば、「地域医療が後退する」(藤井えりの・岐阜経済大学専任講師・地方財政学)ばかりでなく、高齢者たちは「高齢化社会で求められる介護、医療、福祉を統合した『地域包括ケア』からは遠ざかる」(澤井 勝・奈良女子大学名誉教授・財政学)ることになる。

そして、「安全、医療、福祉、生活環境の水準は低下し、公営住宅入居も一層困難」(早川和男・神戸大学名誉教授・環境都市計画)となるのみならず、「学校の条件整備はより劣化し貧弱になっていくことは明確」だとも指摘されている。つまり、大阪は「『住みづらさ』が蔓延する失望の都市に変わってしまう」(保母武彦・島根大学名誉教授・財政学/地方財政学)ほか無いのである。

まだまだありますが、簡単にまとめると✨

  • 生活水準もまたあらゆる側面で劣化して
  • 都構想は「市民の暮らしを損なう」
  • 高齢者たちは「高齢化社会で求められる介護、医療、福祉を統合した『地域包括ケア』からは遠ざかる」
  • 安全、医療、福祉、生活環境の水準は低下し、公営住宅入居も一層困難」
  • 「学校の条件整備はより劣化し貧弱になっていくことは明確」

私もわかってなかった~((( ;゚Д゚)))

全くもって、良いことなし

というか、難しい?って言うか😅

めんどくさい❗

やはり、一市民✨一般ピープーの分際では❗っという感じでしたね✨

でも、もうそれでは駄目なんです

だからといって、どうしたらという感じですが、ほぼほぼ、決まりつつあります。

大阪万博のロゴが勝手に決まるように~🤣🤣

先ずは、現状を理解するところからだと思います😅

でも~🤔まだまだ大阪はこんなものではありません~😵

次回は、大阪万博の計画書をblogに挙げたいと思います。

今は削除されてますが、あるところのblogの方がアップされてましたのでそれをだしたいと思います~🤗

ではこの辺で~👊😆🎵

読んでいただきありがとうございます

コメント

タイトルとURLをコピーしました