大阪万博ロゴ決定🐠このロゴを観て気付かないのは大阪人だけ~🤗

#日記

2005年、愛知万博がありましたよね~🤗覚えてますか?実は、大阪万博の事を調べてたら、出てきたんですが・・私、行ってたんです😅しかも、モリゾーのキーホルダー✨まだ持ってるんです~🤣🤣

愛知万博のキャラクターのモリゾーとキッコロですね~🤗

ほとんど、覚えてませんが、楽しかったのは覚えてます~🤣🤣

21世紀最初の国際博覧会 (EXPO) であり、日本では1970年に開催された大阪万博以来の2回目の総合的なテーマを取り扱う大規模な国際博覧会(General category:旧一般博、現登録博)となった。

略称は、博覧会協会が定めた正式な愛称として「愛・地球博」(あい・ちきゅうはく)がある他、開催地の名から「愛知万博」とも呼ばれる[3]。英語愛称は、EXPO 2005 AICHI, JAPAN。1997年にモナコで開かれた博覧会国際事務局 (BIE) 総会でカナダのカルガリーを破り、開催地に選ばれた。

こういうの好きなんですよ~(* ̄∇ ̄)ノ

そのときのロゴは~🤗

こんなにシンプルなのに~🤣🤣

大阪万博のロゴ、決定しましたよ~🤗

こちらです😅

あ~((( ;゚Д゚)))間違いました😅

はっきり言って!!(゜ロ゜ノ)ノ

気持ち悪いです~🤣🤣

書いた人がいるので申し訳ないですが・・

何故?

国際万博なのではないのでしょうか?

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は25日、2025年日本国際博覧会(以下、大阪・関西万博)のロゴマーク「最優秀作品」を発表。アートディレクター・シマダタモツ氏が代表を務める「TEAM INARI」の作品に決定した。 【画像】最終候補となった『大阪・関西万博 ロゴマーク』5作品

 最優秀作品は、2019年11月29日~12月15日の間に応募のあった5894作品の中から選ばれた。「いのちの輝き」をテーマに、1970年大阪万博のDNAを受け継いだ「セル(細胞)」を意識した赤い球体をつなげた作品となっている。ロゴは万博の周知と、さらなる機運の醸成に活用される。  

会見に登壇したシマダ氏は「正直、ビックリしています。まさか万博の顔になるなんて思ってなかったので…」と緊張で声を震わせながら「小さい頃、万博で見た太陽の塔が衝撃的でした。岡本太郎さんのようなパンチのあるオリジナリティーのある作品をずっと作りたいと思っていました。コイツ(ロゴ)がこれから5年、万博の顔になるということが最高にうれしいです。ありがとうございます」と感無量の表情を浮かべながら喜んだ。

チームINARI~🤔

ホントに本当に申し訳ないですが・・

もう、隠さない❗

このような時代になってしまいました。

命の輝き✨

全くもって、輝いてな~い~😭

大阪は益々、洗脳されていくでしょう🎵

いやいや、洗脳は終わってます

あしからず

岡本太郎のように・・


【生命の樹を通じて岡本太郎が伝えたかったこととは?】未来に向かって吹き上げる「生命のエネルギー」を表し、下から上に原生類から哺乳類へと進化しています。が、アメーバが下等で人間が最上級という意味ではありません。「生命の根源、われわれの足元を見直そう」という太郎のメッセージが込められているのです。

いやいや、根本から、違うのでは?

「生命の根源、われわれの足元を見直そう」

まさに、岡本太郎のメッセージ✨

足元から見直して欲しいものですね😅

ではこの辺で~👊😆🎵

読んでいただきありがとうございます

コメント

タイトルとURLをコピーしました