素敵なドレミ

#528ヘルツ

2009年、イギリスでは数々のミステリーサークルが出現したそうです。今を暗示してるのてるのか?はたまた、現在の理を表しているのか?誰かがメッセージの為に、作ったのか~🤣🤣

今日は、精神世界の鉄人様のblogから、紹介したいと思います。

これぞ、宇宙と人のハーモニーだと思います~🤗

小堺さんの、お馴染み~🤣🤣何が出るかな?何が出るかな?のサイコロトークで、お話されていたそうです。

スポンサーリンク

「ドレミの話と渦巻き」 

by 谷村新司


音にまつわる、感動的な物語ですよ。


まず、「音」という漢字は、上が、「立つ」、下に、「日」と書く。
「日」は、太陽のこと。
「立」という字は、立ち上がる、生まれてくるという意味。
太陽が、生まれてくるということが、実は「音」の意味。
なぜ、太陽が、立ち上がってくると、なぜ、生まれるという字が、「音」なのか、漢字は、何を言おうとしてるのか?
これを解く鍵は、「ドレミファソラシド」の中にあります。

上海の音楽学院でも、この話は必ずします。

これは、イタリア語です。

ドレミファソ、ソの音、ソの語源はSOL、イタリア語で書きます。

ABCDEFG、G 日本語では、いろはにほへと、と、「ソ」=「ト」=「G」 
ソ、SOLって言うのは、太陽のことですよ。
ソーラーシステムとか、言いますね。
ソの音は、太陽の音ですよということ。

ト音記号🎼

太陽の、ソの音は、日本語では、「と」と表現する。
「と」の音は、太陽の音だと思って、よいです。
そして、「と」の音から始まっていきますよ、というマークが、とおん記号。
うずまきから始まって、キュッとひねった形。
とおん記号の形っていうのは、アルファベットGを、表している。
Gが、変形して、うず巻きになっている。
ソというのは、Gであって、との、音でもあります。
「ソ」=「ト」=「G」 

太陽の音=ソ、そしてソの下のドレミ

太陽が、ソの音だとすると、そして、「ソ」の下に下がっていく「ドレミ」は、地球の中の音です。
「ド」=土の音、「レ」=火の音 「ミ」=水の音です。
ドレミ、はい、これが、土、火、水、ていうふうに、できています。

秘密=[日]ひ 、[水]み、[土]つ

地球上に、どうやって、火と水と土ができたか、それが、一番大きな「日(ひ)水(み)土(つ)」=秘密なんです。
真剣に、聞いてますか、真剣に、はなしてますよ。(笑)
この地球上に、どうしてできたんだろうって、人に、みんな知らされていない、これが、最大の秘密なんです。

ファは風

「ファ」は、地球(ドレミ)と太陽(ソ)の間で、揺れている音。
実は、ファというのは、風のこと。
ソが、太陽、ラが、宇宙。

シは虚無[又は、死、無]

今度は、シです。
「シ」っていうのは、「死ぬっ」ていう字を、かきます。
別の書き方をすると、何もないという、「無」という表現をするんですけども、日本語では、「シ」の音を「虚無」という。
虚無僧の虚無ですね。
英語ではVoid。
(ボイド)何もなくなる瞬間

ラは宇宙、そしてドに繋がる


「ラ」が宇宙。
それを、突き抜けていくと、何もないところに、たどり着く。
形が、消えるってことですね。
でも、消えないものが、ちゃんと、上の「ド」に、繋がっていく。
上の「ド」っていうのは、土ですよ、ってさっき言いました。
形は、なくなっても、上の土に帰ってく。
だから、人間そのものをあらわしているのが、実は、音階。
そして、人間の体にも、音階が、ちゃんと入っている。

縦に流れる人の音階


ドレミファソラシド、縦に流れている音階が、ありまして。
「ド」は、股の間。
「レ」は、丹田、おへそのちょっとした、ぐっと力を入れるエネルギーのたまり場所「火」を、担当している。
「ミ」は、水のエリアなので子宮。
水のエリア、羊水がある子宮が、ミ。
「ファ」は、みぞおち。
みぞおちは、「風門」風の門といいます。
「ソ」は、心臓=太陽
「ラ」は、実は声、喉。
ここのエリアを、担当しています。

スポンサーリンク

声は宇宙と同じ

ということは、声は、宇宙と同じだっていうこと、心臓は、太陽と一緒だということ。
その「ラ」という音階を、担当してるのが声ですから、クラシックの時に、皆、チューニングをします。
それは必ず「ラ」の音。
ポーーンってピアノが、「ラ」の音を出すと、ヴァイオリンが、ふ~んて合わせる。
どうして、「ラ」の音で、チューニングをするんですかって時に、やってる人たちも 、その理由を、ご存じないんです。
音楽大学の先生も、ご存知ない。
でも、昔から、「ラ」で、チューニングをしてきた。

ラでチューニングする理由


でも、そこには、理由があって、 実は、「ラ」は、人間の声に、楽器をあわせるということ。
しかも、「ラ」で合わせるってことは、その音を出した瞬間に、宇宙とつながりますよ、ということ。
だから、すごいことをしてるんです。

いま、こうして、ラジオで放送して喋っていますが、電波、波動がでてますよね。
昔のラジオは、チューナーっていうのを動かして、波動を合わせるんです。
ピーガーー、コォーーとかって、いいながら合わせて、それで、波があったところで、こうやって声が聞こえる。
これを、チューニングといってまして。

スポンサーリンク

波動=チューニング

実は、音楽の波動を合わせるって言うのも、チューニング、って実は同じ事を言ってるわけですね。
だから、波動によって伝わっていく。
これが、すごいキーワードになってるって、ことですね。

松果体

「ラ」が、声。
「シ」は、頭のど真ん中頭蓋骨の真ん中に、小豆大くらいの小さな器官を、みんなもってます、それを松果体といいます。
もともとは、眼球と同じ大きさを持っていて、水晶体もあって、目とおんなじ形をしてたんです。
そして、その目は、頭のてっぺん上のほうを向いていた。

これは、今マンガなんかで、時々出てくる「第三の目」とか、ああいう表現をしてるんですけど、実は、これが松果体というところがしてた役目。
これが、「シ」の音を、担当してます。

一オクターブ上のドは天使の輪

1オクターブ上の「ド」は、どこにあるかというと、頭の上、約13cmのとこに浮いている。
これをあらわしたのが、ヨーロッパの宗教画なんかに、天使を描いたときに必ず、天使の頭の上、わっかが描いてあります。
「天使の輪っか」、ここが、1オクターブ上ですよ。

大きな意味を持った、8という数字

ドレミファソラシドを数えると、8こあります。
8番目というのが、上の「ド」になります。
8という数字は、すごく、大きな意味を持った数字だと、気づいてもらえると嬉しいです。
8というのは、単に縁起がいいというよりも、もっと重要な意味をもってますよ。
一オクターブ上にある「ド」の世界が、8番目から、広がっていきます。

スポンサーリンク

何故?渦巻きを巻いているのか?

あと、音と渦巻きというのは、すごく大事な関係があります。
ト音記号が、なぜ渦を巻いているか。
宇宙、銀河も太陽系も台風も渦潮も、自然のものは、実は、渦を巻いているエネルギーを、伝えている。
その渦を、巻いてるエネルギーを、僕らは体で、それをキャッチする。

あの古~い時代、超古代あたりに、土の中から発見された、土器の表面についている文様は、一番古いものっていうのは、必ず渦巻きの形を、してるんですね。

で、それで縄文っていうのも、実は土をこねて、縄状にしまして、それを渦を巻いて、積み上げる。
これによって、立体ができてくる。
だから、渦巻きから、すべてのものは、始まってくるっていっても、過言ではないんじゃないかなって思うくらい、渦巻きっていうのは大事。

そして、その宇宙、自然からきた宇宙のエネルギーを、僕らは体の中の渦巻きで実は受け止める。

スポンサーリンク

体の渦巻き、あなたはいくつ見つけられるかな?

体の中にある渦巻きを、あなたは、何個発見できるかなぁ。
体の中のつむじ。

一番てっぺんにある渦巻きは、「つむじ」
そして、ちょっと下がると、耳の中に、蝸牛官という渦巻きがある、
この渦巻きで、音を、聞きます。
手の先には、指紋という渦巻きがある。
感覚、接触する。
おへそ、ここも、実は、渦を巻いています。
赤ちゃんが、参道をおりてくるとき、渦を巻きながら、おりてくる。
まっすぐす、ぽんとおりてこない。
必ず回転しながら、おりてくる。
実は、おしっこも、回転している。
もし時間あるときは、みてください。(笑)
体の中の渦巻きで、ぼくらは、宇宙からの渦巻きを、全部キャッチしてますよ、ということ。
だから、体の中も音でできてる。
ということは、なんだろう。

スポンサーリンク

音楽で体が震えるのはどうしてだろう?

ここでひとつ、皆、「あ、そうか」と、おもうことがあると思うんですけども。
歌や音楽を聴いたときに、鳥肌が立ったり、涙が、流れたりする、そこには、実は、体が、自分の意志とは関係なく、共鳴しているものが、その歌とか、音楽の中にあるということ。
その瞬間に、自分の意思とは、関係なく、体は先にばっと反応してしまう、それが、鳥肌になったり、涙になったりして出てくる。

つまり、人間とは、音そのものなんですよということを、今日は伝えられれば、いいかなって、思っております。

いただいたお便りで、共感したもの。
人間のことを、英語で、パーソンといいますよね、パーソナリティのパーソン。
このパーソンというのは、英語ですけども、この言語は、ラテン語です。

それで、パーソンというのは、ペルソナという語源がありまして。
ペルソナっていう言葉自体が、ふたつの言葉が組み合わさって、できています。
ペルっていう言葉と、ソナっていう言葉。
このペルっていうのは、貫き通る、貫いて通っていく、っていう。
そして、ソナっていうのは、響く、という意味。
だから、パーソン、人間っていうのは、
「ペルソナ=ペル(貫き通す)+ソナ(響く)」
人間とは、貫いて、響いていく器だっていうふうに感じると、すごくわかりやすいですね。
だから、体の中で、すべてのものが響いている。
それが、実は、人間そのものなんだよぅって、いうこと。

以上です~🤣🤣

スポンサーリンク

感動ですね~🤣🤣

  • ド=土=ひ=股の間
  • レ=火=み=へそのした
  • ミ=水=つ=子宮
  • ファ=地球=風=みぞおち(ミとソの間)
  • ソ=太陽=心臓=語源はソウル=ト=G(ソの音で始まるト音記号)=渦巻
  • ラ=宇宙=声=喉=エリア
  • シ=死=松果体=虚無=英)void=何もなくなる=宇宙の上
  • ド=天使の輪=また土に帰る

ドレミファソラシドで8

スポンサーリンク

ウルトラソウル🎉

メビウスの輪のように、繰り返す~🤗

人間と音楽と宇宙にこんな関わりがあったなんて~🤗

全てが、つまってるような~🤔ないのは、月くらいかな?

今日の写真にも、通じているような~🤗という事で、あげてみました~😜

まさに、言靈に通じてますね😅

通りで、歌を聞いたら、心が震えますね✨

ではこの辺で~👊😆🎵

読んでいただきありがとうございます

コメント

タイトルとURLをコピーしました