スポンサーリンク

脳幹はとても大事・免疫にも関係がある~そして松果体の位置

コロナ劇場
コロナ劇場 スピリチュアル 松果体 洗脳意識 無意識 脳幹

写真は2020/10/20の朝の雲です~🤗東から西?西から東?にヘアーバンドの様にアーチが架かってました✨

今日は無意識領域を調べてたら、ちょっと興味深い物がありましたので、紹介したいと思いまして~🤗

スポンサーリンク

脳幹は最も重要な[生命維持装置]

脳幹は「生命維持システム」を所有する部分です。つまり、死なないように24時間・365日・一生寝ることなく常に体内環境を統制してくれている所です。

意識領域と無意識領域

意識領域と無意識領域 - 特発性脊柱側弯症 大阪・高槻カイロプラクティックセンター
【意識領域とは】 “人間は考える葦(あし)である”これは17世紀に活躍した有名な哲学者パスカルの言葉です。葦とは水辺に自生する植物で中が空洞になっていてとても繊細でひ弱な植物だと言われています。 この言葉の意味は“人間と

この「考える」という行為は「意識領域」と呼ばれます。意識領域を担当するのは主に大脳で、大脳は脳全体の8割を占めると言われているほど大きな存在です。

意識領域には「五感(視覚、触覚、嗅覚、味覚、聴覚)」、「記憶」、「感情」、「行動」、「学習」などが含まれていて、文明や文化、コミュニティーやコミュニケーション能力は「意識領域」が作り出すと言われています。

【無意識領域とは】

では一方で「無意識領域」とはどのようなものなのでしょう?パスカルの言葉通り意識領域が「人を人たらしめる存在」であるとするなら、“無意識領域”は「生物として生きていくために必要な存在」です。

自分では気付いていない、もしくは、意識していないから無意識みたいです⁉️

考えるより先に行動するとか?~🙄

無くて七癖みたいなもんですかね~🤔

外からは見えない感情⁉️

  • 急に何か言われて、カーッと赤くなったり~🙄
  • 怒りが急に沸いたり~🤔

無意識領域をコントロールしてるのが脳幹

人間は二足歩行する動物で、脊椎(背骨と首の骨)によって全身のバランスを保ちながら日々暮らしています。脊椎は椎体骨という骨組織が連なって構成されている一本の柱のような構造で、椎体骨がフレキシブルに動くことで複雑な動作が可能になっています。しかし、そのバランスは絶妙な関係性の上に成り立っている非常に脆弱なものです。

悪姿勢による背骨や骨盤の歪みは悪いなりのバランスを保とうとして背骨全体の理想的な配置とはかけ離れていき、次第に「脳幹」が接続している第一頸椎とそれにつぐ第二頸椎にも歪みを生じさせ、「脳幹」を強く圧迫するようになります。

こうなると「脳幹」の司令塔としての機能は十分に発揮されず、様々な健康被害をもたらすようになるのです。

逆に言えば「脳幹」を不正な圧力から解放できれば、自然治癒力が発動し、背骨の歪みも自然と元に戻ろうとします。

以上転記です~🤗

正しい歩き方が大切ということですね❗

こちらの先生は、歪みを治してくれるというのも、宣伝しているのですが、私は、脳幹って大事なんだ~🤣🤣と同時に、じゃあ、松果体はどこにあるの?

と思いまして~🙄

脳幹

脳幹のおはなし | 中脳 | 腹側被蓋野 | 赤核 | 橋 ・青斑核 | 延髄 | 小脳 | 皮質脊髄路 | 脳幹と関わる神経 - Akira Magazine
間脳・中脳・橋・小脳・錐体外路

大脳を支える幹のような形をした部分が脳幹です。 成人の脳幹は長さ約7.5cm、太さは親指程度と小さな部分ですが、生命維持に関与する意識・呼吸・循環を調節するなど、脳幹の果たす役割はきわめて重要です。 幹に回復不可能な障害が生じると、脳死を引き起こします。 脳幹は、上から間、中、橋、延髄の部分に分けられます。

こちらは間脳

間脳のおはなし | 視床 | 視床上部 | 視床下部 | 松果体 | 脳下垂体 | 脳室・側脳室・第3脳室・第4脳室 - Akira Magazine
間脳のおはなし
スポンサーリンク

松果体

松果体(しょうかたい、英語:pineal body)は、に存在する小さな内分泌器である。松果腺 (pineal gland) 、上生体 (epiphysis) とも呼ばれる[1]。脳内の中央、2つの大脳半球の間に位置し、間脳の一部である2つの視床体が結合する溝にはさみ込まれている。概日リズムを調節するホルモンメラトニンを分泌することで知られる。

脳内での松果体の位置❗

赤いのが松果体。

本当に、眉間の少し上⁉️

最近では、おでこに検温当てられますけど~🤔

注意してくださいね❗

次回の、無意識領域に少し関係があるので、載せてみました~🤣🤣

人の体は神秘的です~🤗

ではこの辺で~👊😆🎵

読んでいただきありがとうございます

コメント

タイトルとURLをコピーしました