31日までの世界~🤗世界シリーズ伍

#日記

「ニューヨークの自由の女神像に対して何度も何でも落雷が発生していた」ことが報じられていました。7月23日 ニューヨークの自由の女神

米首都ワシントンで「2時間で12万6000回の落雷」が発生。その前日には、ニューヨークの「自由の女神」に向かって繰り返し落雷が発生したばかり

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2150029.html

アメリカの首都ワシントンDCが、7月24日、前例のない悪天候に見舞われました。豪雨を含む悪天候でしたが、最も印象的だったのは「落雷の発生数」でした。
NASA や NOAA (アメリカ海洋大気庁)によるプロジェクトである落雷発生状況をリアルタイムでモニタリングするワシントンDC・メトロエリア・ライトニング・マッピングアレイ (Washington, DC Metro Area Lightning Mapping Array)によれば、この 7月24日、午後8時から 10時頃までの 2時間ほどのあいだに、「 12万 6500回の落雷」が発生していたことが示されていたことが報告されています。
7月24日の8時21分-55分のワシントン周辺の落雷状況
2020/07/24
スポンサーリンク

日本でも

以前のblogに載せてます

何かの合図でしょうか?

水害の次は、火災すなわち、噴火~😨

穏やかな火山が突如大噴火 原因が解明

ガラパゴス諸島の火山は常に静かに玄武岩の溶岩流を流し続けているが、ある瞬間、大噴火を起こすことがある。この謎が解明されれば、地球上の他の火山にも応用することができる。調査した火山学者らが「ネイチャー・コミュニケーション」誌にいかなる条件で大噴火が始まるかについて発表している。
アイスランド、ハワイ、ガラパゴス諸島は、何千年にもわたって流動性の玄武岩の溶岩をゆっくりと流す火山が複数あることをよく知られている。溶岩は同じ道をたどって流れ、長い炎の川を形成しているが、地域住民へは被害を及ぼさない。

コロナ劇場

とりあえず、7最終日という事で、載せておきます❗

皆様、少しずつ身近な人にも迫ってきているかと、思います。しかし、コロナはただの、風邪なのです~🤗

心穏やかに

ニュースシリーズも、色々ありすぎて~😝

また、特に目についたものは、揚げていきますね~🤗

ではこの辺で~👊😆🎵

読んでいただきありがとうございます

コメント

タイトルとURLをコピーしました