[八雲立つ 灼]続編が始まって、大人買いしてしまった

#アニメ

子供の頃から尽きることなく、漫画を見ていますが、続編が出るのが本当に嬉しい~🤗全巻、大人買いしてしまいました~(* ̄∇ ̄)ノ

鬼滅の刃は、私のなかでは、納得した感じで終わりましたが、やっぱり特別編やドラマでいう、スピンオフなどがあると、尚嬉しいですよね😉

実は喜びの句ではない?

漫画のなかでは、喜びの句ではないとしてるんです😅

「八雲立つ 出雲八重垣 妻込めに 八重垣造る その八重垣を」

全ては神話から作られている?

八重垣神社について | 【公式】八重垣神社
高天原から出雲の斐の川上に降り立った素盞嗚尊は、老夫婦(脚摩乳、手摩乳)と稲田姫が泣いている様を御覧になられ、八岐大蛇を退治し、稲田姫の命を御救いになったのです。 この時、素盞嗚尊は、斐の川上から七里離れた佐草の郷"佐久佐女の森(奥の院)"に、大杉を中心に『八重垣』を造り、稲田姫を御隠しになりました。八岐大蛇を御退治に...

高天原から出雲の斐の川上に降り立った素盞嗚尊は、老夫婦(脚摩乳、手摩乳)と稲田姫が泣いている様を御覧になられ、八岐大蛇を退治し、稲田姫の命を御救いになったのです。
この時、素盞嗚尊は、斐の川上から七里離れた佐草の郷"佐久佐女の森(奥の院)"に、大杉を中心に『八重垣』を造り、稲田姫を御隠しになりました。八岐大蛇を御退治になった素盞嗚尊は、ご両親の脚摩乳、手摩乳の御許しを得て夫婦となり、この佐草の地に宮造りされ、御夫婦の宮居とし縁結びの道をおひらきになられたのです。

「八雲立つ 出雲八重垣 妻込めに 八重垣造る その八重垣を」

という妻をめとった喜びの御歌から、『八重垣の宮』となりました。
"天つ神"素盞嗚尊と"地つ神"稲田姫命の御二柱は、この地で結ばれた出雲の縁結びの大親神様で在らせられます。この御二柱を主祭神とした八重垣神社は、古来より朝廷、国司、藩主の崇敬が厚く、御神徳高い神の国出雲の古社・名社として位置づけられております。

出雲、行きましたが~🙄まさか八重垣神社があるなんて❗

大人買いしてよかった~🤗

痛み入りますを[家政婦のミタゾノ]以外で初めて見つけた!
またまた家政婦のミタゾノ✨痛み入ります❗が気になりすぎて~🤣🤣って見つけましたよ~🤗以前、完結した漫画の続編をみつけまして~🤔...

のリンクにも、八雲立つ灼あらた❗載せてますが、痛み入りますがまさか、八雲立つ❗で見つけれるとは~🤔シンクロ~🤣🤣

ネタバレに注意してください⚠️

スポンサーリンク

八雲立つ 灼(あらた)

ちょっと、スピリチュアルというか、神話系が好きな人は、目に留まってしまうんじゃないでしょうか?

題名とうり、八雲=出雲なので!

あらすじ(前回にもあり)

前回、転生してから終わりましたが・・

布椎晃己・小学6年生(中身は立派な青年??布椎闇己❗)一度生まれ変わって、タイムラグがあり、一定期間(五歳くらいまで⁉️)ずっと寝惚けてて、殆ど意識なかったりで、精神年齢は17,8歳?

前回の最後では

およそ、1700年前、古代出雲の王スサノオは、大和朝廷の謀略により殺された。強力な思念の持ち主だった彼の恐るべき怨念は、[]と呼ばれる負のエネルギー体に転化し奥出雲の地を覆い尽くした。

稀代のシャーマンであった、闇己君は、最後の手段として、自らの体に念をとりつかせて、自分もろとも[ ]を昇華❗世界を破滅から救ったのだ

布椎家の始祖彼もまた優れたシャーマンであったマナシは、時を越えて、闇己君に贈り物をしてくれた。それは、前世の記憶をそのまま残し、彼は再生し現在12歳の少年として、今ここにいる⁉️

またまた七地君

七地君の、妹の子供に輪廻転生とは~🤗ちょっと、複雑です❗

五歳に出雲の地に戻ったときに、目覚めるんですよね~🤣🤣

七地君、喜びで泣いてました❗

中々のしがらみですよ✨

スポンサーリンク

八雲立つでは

あらすじ

東京に暮らす普通の大学生七地健生は、ある日大学の先輩から頼まれた劇団の舞台取材同行のアルバイトで島根県・維鈇谷村(いふやむら)にある道返神社(ちがえしじんじゃ)を訪れる事になり、折角の機会だからと家族に持たされた代々七地家に伝わる飾太刀をこの神社に奉納しようと思いやってくる。

この時、道返神社では次期宗主である布椎闇己の為の秘祭・神和祭(かんなぎさい)が行われていた。本祭の夜、意図せず禁域に迷い込み、祭りの最終儀式を覗いてしまう七地。その眼前で、闇己は宗主の証である神剣・迦具土(かぐつち)を前宗主の海潮から受け取り、そしてある使命を告げられる。その使命とは、1700年もの間布椎家が代々封印を守ってきた古代出雲族怨念を昇華させる為、戦時中の混乱に乗じて道返神社より盗まれた残り6本の神剣を集める事だった。そして新宗主最初の命として、海潮は闇己に自らの首を刎ねるよう命じて…。

全部で7本?

引き寄せられて、名刀を集める⁉️

ドラゴンボール?のような✨

草薙と天叢雲剣は二本で一本の役割が~🤣🤣魂が2つに分けられた❗

しかも天叢雲剣は、三種の神器

道返神社

道返神社はないようですが、道返大神は居られるようです~🤗

道返=[道]の[境目]生と死の境目

今に通じているのでは?

南方**熊襲*隼人*蝦夷*出雲熊襲といえば、麻生

北方**大和朝廷*日向

三輪族**布椎家**宗像みつは**七地家?

1700年もの間布椎家が代々封印を守ってきた

結局は、過去からのしがらみで、7年を一年として7年で、能力がなくなり、俳人になるので、昇華される⁉️

7×7=49 **49歳で凡人になるため、次の当主に引き継ぐために首を刎ねるよう迫られる。7年を一年って、聖書にもあったような✨

海外では、7はラッキーナンバーなのだが、日本では、全て、たくさん、十分といういみを表す。満数となる

最近七はよくでる数字

上の、神社の解説にも、七里ありましたね😉

8が、無限のため、7は満数となる

古代編からの繋がり

古代編と絡み合って、先祖からの繋がりも魅力の1つ

ミカチヒコ(鍛冶師)とシャーマン(真名志)は切っても切れない縁が‼️

剣は、人を斬るものではなく、気を呼び込むためのヨリシロにしてるのもいいですね~🤣🤣

長くなりそうなので、二回に分けたいと思います

ではこの辺で~👊😆🎵

読んでいただきありがとうございます

コメント

タイトルとURLをコピーしました