馬渕大使の一人語

#11月3日

今日の写真~🤔この火災が、最近の出来事だったら、どうしますか?

っと、Twitterでツイートされてました~😝恐ろしいですね😅レバノンの火災~((( ;゚Д゚)))というよりは、爆発ですね~😵

レバノンといえば、カルロスゴーン・・

カルロスゴーンを見るたびに、Mr.ビーンを思い出すのは、私だけでしょうか?

本日は、私の大好きな~🤣🤣(結構他にも、いっぱい居ますが~😝)ロマンスグレーですね✨

スポンサーリンク

馬渕大使です🎉

https://youtu.be/H_HvFzh3Hww
京都府船井郡八木町日置出身。八木町立富本小学校、福知山市立大江中学校京都府立園部高等学校第16回[1][2]を経て、京都大学法学部3年次在学中に外務公務員採用上級試験に合格し中退、1968年(昭和43年)に外務省入省。
研修先であったイギリスケンブリッジ大学経済学部に入学し、1971年(昭和46年)に卒業[3]
外務本省では、国際連合局社会協力課長(1984年-1986年)、大臣官房文化交流部文化第一課長、東京都外務長(1995年1997年)などを歴任[3]
在外では、在英国日本国大使館在インド日本国大使館在ソビエト連邦日本国大使館在ニューヨーク日本国総領事館に勤務し、EC代表部参事官1989年1991年)、在イスラエル日本大使館公使1991年1995年)、在タイ日本大使館特命全権公使(1997年-2000年)を務めた[3]
2000年平成13年)に特命全権大使キューバ国駐箚に就任。2003年(平成15年)5月には財団法人国際開発高等教育機構専務理事に就任[4]し、2005年(平成17年)より駐ウクライナモルドバ大使を3年間務め、2008年(平成20年)11月、外務省退官。同月防衛大学校教授に就任し、2011年(平成23年)3月、定年退職。
2012年(平成24年)2月、著書『いま本当に伝えたい 感動的な「日本」の力』で作家デビュー。以降、日本文化チャンネル桜などの政治系テレビ番組(主に外交・国際政治関連)にコメンテーター・論客として出演し始める。2014年(平成26年)4月には吉備国際大学客員教授に就任[5]

経歴長いですね😅

ロマンスグレー好きなんですよね~🤗

そして、分かりやすくて、好きなんです~😍

4月に、中国人が日本に入ってきてるのを、かなり怒ってました~🤣🤣面白かったです。1日、200人は入ってきてたそうです~🤗国のホームページに載ってるそうです❗

今回は6月16日の回です❗#46

二ヶ月前ですけど~((( ;゚Д゚)))

今は、三つ巴の戦いだそうです。

DS(ディープステート)VSトランプ大統領

DS(ディープステート)VS中国共産党

トランプ大統領VS中国共産党

お互いが2つと戦ってる❗そうです。

表は、米中戦争~経済戦争

米国は赤字、中国共産党は黒字、それがおかしいとしている

トランプ大統領は中国共産党は許さない

自由貿易体制がおかしい

自由貿易とは、発展途上国に有利に出来ている、そのシステムがおかしいとしてるそうです。途上国には関税を課さないとかね😅

自由貿易体制とは、つまり、社会主義のシステムにしようとすることなのです。

これは、以前のルーズベルト大統領の頃の、まさにニューディール政策をしようとしている。(米国を社会主義にしようとしている)

ニューディール政策ニューディールせいさく、英: New Deal)は、1930年代にアメリカ合衆国大統領フランクリン・ルーズベルトが世界恐慌を克服するために行った一連の経済政策である。 新規まき直し政策や、単にニューディールとも呼ばれる。

アーマンド・ハマーは支持しているとしてる(Wikipedia長いので、気になるかたは調べてください、かなり胡散臭いです~😭)

アーマンド・ハマーArmand Hammer1898年5月21日[1] – 1990年12月10日)はアメリカ大富豪で1957年から晩年まで石油会社オクシデンタルを経営し[2]美術品収集家、社会事業家、親ロシアの財界人である。ドクター・ハマーの愛称で知られた。

かなり、いわくつきな人?のようです~🤔

米国の富を世界の向上に使おうとしている。

一見、良く聞こえますが、国民を犠牲にしてでも、米国のお金を世界に使おうとしているそうです。

勿論、トランプ大統領は阻止です❗

米国の国民を犠牲にしてまで、つかわないとしてます。

そりゃそうですよね~🤗

さすがは、トランプ大統領です。

今のコロナウィルス、1929年の大恐慌

これを今しようとしている。

俯瞰してみると、歴史が見える、繰り返してると、馬渕大使はいってます。

スポンサーリンク

世界恐慌の再来を望む人々が居る

CNNはウォール街の代理人。勿論、DSも繋がってます。

ウォール街はあの頃のように、また儲けたいのです❗

だから、なおのこと、トランプ大統領は反対してるんです。経済が止まってしまうのを危惧してる。なので、ロックダウンを解除しようとしてる。しかし、そうはさせない~😵

秋の大統領選挙を見越して、中国共産党とDSは、トランプ大統領を潰しにかかってる。

トランプ大統領に再選されたら、困るんです。

スポンサーリンク

2020/11/3

スポンサーリンク

世界のあり方が問われる、決定する。

それくらいに重要な選挙です~🤣🤣

色々な、トラップを仕掛けてきてます。

オバマゲートもその一つです。

日本では全くしないので、わかりませんね😅

ロシアゲートだの、ウクライナゲートなどにも発展しましたが、クリアになりましたね~🌠

勝手に作り上げた物なので、それはそうですね😅

しかも、オバマ大統領が作ったわけではないですし、オバマ大統領は作れませんね😅だって、能力もなければ、もうすでにクローンですもんね~🤣🤣七年前から~🤣🤣

DSは、三年前に大統領選挙で負けたことを、いまだに根に持ってるというか、負けたと思ってないそうです~🤗

隙有らば、引きずり下ろそうとしてるそうです。

トランプ大統領、演説してましたね~🌠

当分隠れていてもらいましょう🎵

世界がかかってます。

長くなりましたね~🤗

また次に

ではこの辺で~👊😆🎵

読んでいただきありがとうございます

コメント

タイトルとURLをコピーしました